固定と変動どっちがお得!?種類の違いを理解しよう!

固定金利のメリットを紹介

住宅ローンを借りる時に利用できるプランがフラット35です。これは固定金利を採用するサービスなので金利の変動がないのが魅力となっています。借入時から完済まで一切変動がないため資金計画を立てやすいと言ったメリットを持つのが特徴です。
また質の高い住宅取得をすることで金利を下げてもらえるとった強みも持っているのがフラット35のメリットといえます。これはフラット35Sと組み合わせることにより実現するもので、省エネルギー化やバリアフリー化した住宅を建築可能です。金利の引き下げは一定期間なので少しでも負担を少なくしたいなら検討してみるといいでしょう。
繰り上げ返済や保証料も0円なので余計な費用は必要ないメリットもあります。

変動型の特徴を知っておこう

ローンは金利が変動するタイプがあります。これは変動型と呼ばれるもので多くの銀行が扱っているサービスです。金利は半年ごとに見直されるシステムでマーケット短期金利が動くと同時に金利も変動するのが特徴となっています。
基本的に変動したとしてもすぐに返済額も変動することはないです。返済額の見直しに関しては5年に一度の頻度で変わります。それまでの返済額は125%を上限とし、それ以上の金額にはならないです。
メリットは固定と比べると金利が低めに設定されているところといえるでしょう。収入が多い家庭や将来共働きをしたい家庭、貯蓄が十分にある場合は変動型が向いているといえるでしょう。将来にわたって収入が安定して高収入を得ている方なら断然おすすめです。