住宅購入における注意点!知らないと損する税金の裏側!

確定申告を行わないと損をする

一生に一度の大きな買物として知られているのが住宅購入です。購入後すればすべて終わりではなくその後には確定申告をする必要があるので注意しておきましょう。
実は確定申告をすることによって住宅ローンを減税してもらえるといったメリットがあります。一括で購入できる人は少ないので金融機関の住宅ローンを利用しますが新築だとローン控除、中古住宅の場合でも条件がありますがローン控除を受けられるのが特徴です。
基本的に確定申告をしないとローン控除の対象にはならないので損をしないためにも必須の知識と言えます。必要な書類をすべて集めて税務署に手続きをしに行くと良いです。ちなみに個人の確定申告は2月16日から3月15日の間なので忘れずに利用しましょう。
忙しい方は税理士に依頼をするのもおすすめです。

控除額や期間について知っておくと便利

どれくらいの控除を受けられるのか気になる人は多いでしょう。これは年末ローンの残高の1%が10年間控除される仕組みをしています。1%と聞くと少ないイメージがありますが、大きな買い物となる住宅なので1%でも結構な金額です。2000万円の買い物をする場合20万円の控除を受けられるので一般家庭では助かります。
戻ってくる額はその年に納税した金額が上限となっているので注意しておくと良いです。控除しきれなかった金額は翌年の住民税から控除させる仕組みをしているので安心といえます。
また住宅ローン控除はローン期間が10年以上あるものを対象としているので理解しておきましょう。また繰り上げ返済をして10年切るとローン控除の対象外となってしまいます。